何をしてくれるの?賃貸経営サポート会社について

サポート会社の事業内容とは?

賃貸経営サポート会社や不動産会社サポート内容は、契約の内容や段階によってそれぞれ異なります。
例えば、入居者募集や審査、賃貸借契約の手続きなどの入居者募集に関わりのある業務を全面的にサポートしてくれる業務を「仲介業務」と言い、入居者が入った後の業務は含まれません。
もし、入居者が入った後の業務もサポートして貰いたいと考えている方は、入居者対応や建物管理等のサポートを行う「管理業務」の契約をする必要があります。この際、会社によって細かいサポート内容が異なってくるので、しっかりと確認をしてから契約するようにしましょう。
また、全ての業務を任せたいという方には「サブリース」がおすすめです。これは、サポート会社が入居者募集から管理業務の全てを行い、賃貸のオーナーには一定の賃料が支払われるサービスで、手間は省けますが賃料が相場より安くなってしまうことが多いです。
よく考えて契約するようにしましょう。

決め手は何?サポート会社の選び方

サポート会社やサービスを選ぶ時には、自分の目的や要望に合ったものを選ぶようにしましょう。
例えば、管理業務は自分で行うので入居者募集やテナント募集などをして欲しいと考えている場合には、「仲介業務」またはそれを請け負ってもらえる会社と契約するのが良いでしょう。
すでに経営を始めているけれど、管理会社を変更したい場合や初めてなので、管理業務と入居者募集のどちらも相談しながら進めていきたいといった場合には、「管理業務」またはそれを請け負う会社と契約することをおすすめします。
また、賃貸経営は副業で、あまり時間が取れない場合や賃料がある程度安くなっても、安定した収入が欲しい方は、「サブリース」やそれを請け負う会社と契約するのが良いでしょう。
このように目的によって契約に適した業務が異なるので、サポート会社と相談しながら適切なものを選ぶようにしましょう。


Shear!

B!